脇・足

脇と足のにおいを防ぐ方法を原因から調べて紹介します。加齢臭と体臭の解消にぜひ役立ててください。

脇と足からくる加齢臭

脇と足は加齢臭にかかわらず、強いにおいを発しやすい箇所。この2カ所からくるにおいの悩みには、困っている方も多いようです。

加齢臭と体臭の違いは、臭いを放つ成分の違いのようです。加齢臭は、皮脂が酸化した成分が発するにおいと言われています。それ以外にも、においのもととなる物質を分解する力が加齢によって衰え、においを発しやすくなることを指す場合もあるそうです。

加齢臭を改善するには、においの原因を把握することが大切です。

◆脇

脇のにおい聞くとワキガを連想される方が多いでしょう。ワキガと脇からくる加齢臭は、においの原因や質などから別物だとされています。

脇は汗をかきやすく蒸れやすいので、雑菌が非常に繁殖しやすい環境です。脇にはアポクリン腺とエクリン腺の2種類の汗腺があり、アポクリン腺から分泌される汗は、特ににおいが強いのでワキガの原因とされています。

脇には、加齢臭の原因箇所である皮脂腺も多数あります。ワキガでなかった人も、加齢によって脇から異臭がした場合は、脇からの加齢臭を疑った方がよいでしょう。

◆足

加齢臭の温床である皮脂腺は、足の表面にも存在します。分泌された皮脂が爪のすき間や、指の間に溜まったりすることで臭うのが、足の加齢臭のようです。足は靴や靴下を履くことで、密閉されている時間が多く、においのもとである雑菌が繁殖しやすい箇所でもあります。

足は一日でコップ一杯分ほどの汗をかいています。足にはアポクリン腺があり、汗の量や密閉されていることで、元々においを発しやすい環境にあります。足の臭いと加齢臭が混ざると、においの質も違ってくるようです。マメに嗅ぐのはあまり気が進みませんが、早く気付くのにこしたことはありません。

加齢臭の原因物質は同じなので、他の箇所からの加齢臭が気になりだしたら、足のにおいにも注意する必要がありそうです。

イヤなにおいの防止・改善法

脇と足の臭いを予防・改善する方法をまとめました。

特に強い臭いを放つ脇と足は、多量の汗をかく・ムレやすい・雑菌が繁殖しやすいなど、共通点が多く存在します。

○清潔に保つ

においのもととなる汗や皮脂を長時間放置すると、雑菌が繁殖して強いにおいを放ちます。においを抑えるためには、まず清潔を保つこと、汗をかいたらマメに拭き取ることが理想です。

出かける前にシャワーを浴びることでも、しばらくはにおいが抑えられます。

洗う際の石鹸やボディソープ選びも重要。殺菌作用体臭予防などのものでないとにおいには効果が薄いようです。

においが気になる箇所には、体とは別の洗浄料を使ってもよいでしょう。

○靴や衣類にこだわる

脇と足は、服や靴を身に着ける時間が多い箇所です。汗をかきやすく蒸れやすい環境にあるので、衣服や靴選びもにおい対策には効果ありです。

◆衣服

肌着には綿や絹といった自然素材を選ぶとよいでしょう。吸湿性や通気性に優れたものが多く、汗を吸って風通しを良くすることで、脇のムレを軽減してくれます。通気性のよい構造の服は、においをまき散らしてしまうのが心配なのも事実。肌着や寝間着だけでも、自然素材のものを使用するのがおすすめです。

◆靴

靴はなるべく前の日と違うものを履くようにしましょう。同じ靴を毎日履いていると、靴にもにおいが移ってしまい、足のにおいもどんどん強くなってしまいます。前の日に履いた靴は、新聞紙を入れたり、デオドラントスプレーをして、湿気をとるようにしましょう。その後、天日干しや陰干しをすることで、雑菌の繁殖を抑えられます。

乾燥方法は靴の素材によっては傷んでしまうので注意が必要です。

靴下やストッキングも、通気性や吸湿性に優れたものを身に着けるようにしましょう。靴の中敷きにも抗菌作用や吸湿性の高いものがあるので、積極的に利用して足のムレを軽減しましょう。

脇も足も、もともと臭いを発しやすい箇所になるので、清潔に保つことを第一に心がけましょう。本来のにおいと加齢臭が合わさると、とてつもないにおいになると言われています。加齢臭の元となる皮脂の分泌を抑えるには、体内からの改善が必要になってきます。

身体全体の加齢臭だけでなく、体臭も体内の環境に左右されます。適度な運動や食生活の改善など、体内からのにおい対策を進めて行きましょう。