HOME >  体の臭いに関するQ&A >  体臭と加齢臭の違いは

体臭と加齢臭の違いは

加齢臭は、ノネナールといわれる物質が主な原因です。汗や下着の汚れなどが主な原因となる体臭とは、その点で異なります。

  • 加齢臭が始まる年齢

体臭は汗をかいたり、体を不衛生にしてしまうと、年齢に関係なく発生します。しかし加齢臭は、40歳ころになると誰でも、また男女ともに発生する場合が多い特有の臭いです。ホルモンの関係などで、中高年男性に発生しやすいとも言われています。

しかし最近では、早い人では20代後半から加齢臭が始まることも、研究で明らかとなりました。

  • 加齢臭とはどんな臭いでどこからにおう

加齢臭はよく、「青カビチーズ」「ロウソク」「新聞」「古本」のような臭いがするといわれます。汗の臭いに脂っぽさが混じったような独特のものです。

また、加齢臭は、体臭に比べ本人には気付きにくい臭いでもあります。家族に指摘されて気づく方が多いのです。

加齢臭は皮脂線がある場所、つまり全身から発生します。予防法も加齢臭の場合はなかなか簡単にはいきません。体臭であれば、制汗剤の利用や清潔を心がけることが効果的ですが、加齢臭ではこれらの方法が有効とはいえません。

  • 加齢臭の原因と予防法

中高年になると汗腺機能の衰えから、汗に含まれるアンモニアなどの臭い物質増加します。汗腺機能を健全に保つには、運動をする、肉・脂肪中心の食生活を改めることが有効です。

汗をかかないようクーラーに依存しすぎることも、体臭を悪化させる一因となります。快適ではありますが、クーラーに慣れすぎると汗腺機能は働かなくなり、衰えてしまうのです。もし思い当たるようであれば、バスタイムにシャワーだけで済まさず、湯船につかって毛穴開かせ、しっかり汗をかくことをおすすめします。