HOME >  今すぐできる!加齢臭対策法 >  石鹸・ボディーソープ

石鹸・ボディーソープ

石鹸・ボディーソープを使った効果的な加齢臭予防法を紹介します。

加齢臭対策に有効な石鹸・ボディーソープ選び

加齢臭の予防や軽減には、なるべく体を清潔に保つことが大切です。石鹸やボディーソープなどの洗浄剤にも気を配って、より効果的な臭い対策を実現しましょう。

選ぶポイントはずばり、含まれている成分や作用です。

洗浄剤は基本的に体の汚れを落とすためのものなので、すべてが体臭や加齢臭に効果があるものとは言えません。

薬用や殺菌作用があるものを選ぶのがおすすめです。今では加齢臭に特化した商品も多く出ているようなので、チェックしてみましょう。

◆柿渋

渋柿から摂れる成分の柿渋。体臭予防とうたわれている洗浄剤には、ほぼこの成分が入っているとか。柿渋に含まれる柿タンニンが、優れた消臭効果を持っていることが人気の理由のようです。

汗に含まれるニオイ物質のアンモニアなどを中和したり、色々なニオイ物質と結合して、違う成分に変えてしまうといった働きをしてくれます。

雑菌の繁殖を抑える殺菌作用も強力なので、体臭を抑える成分として重用されています。

◆カテキン

おもに緑茶に多く含まれている成分。抗酸化作用を持つことで知られているポリフェノールの一種で、強い殺菌作用を持っています。

緑茶は口臭の軽減にも有効だと言われているので、カテキンが持つ殺菌力は確かなもの。

においのもととなる雑菌をやっつけてくれるので、体臭予防に効果的です。

◆ミョウバン

料理をする際などにおもに使用するミョウバンですが、加齢臭にも有効な高い消臭効果があります。

古代ローマの時代から、体臭予防にミョウバンが用いられていたという記録もあるようで、最古のデオドラント材としても注目されています。

ミョウバンには殺菌効果があります。水に溶けると酸性になる性質があり、アルカリ性優位のにおいを放つ雑菌の繁殖を抑えてくれます。

現在でもミョウバン成分を含んだ洗浄剤は多くあるようなので、加齢臭にお悩みの方は試してみる価値がありそうです。

人によっては肌が荒れてしまうこともあるようなので、注意が必要です。まずは少量でパッチテストをしてから、使用することをおすすめします。

加齢臭に効く正しい体の洗い方

洗浄剤選びと同じくらい大事にしたいのが、体の洗い方。どれだけ石鹸やボディーソープ選びにこだわっても、間違った洗い方を続けると、においが余計きつくなってしまう可能性もあります。

洗浄剤の種類にもよりますが、なるべく泡立ててから体を洗うようにしましょう。泡立ててから洗う方が肌にやさしく、加齢臭の温床である毛穴にも入っていきやすいのです。より効果的にするために、市販されている泡立てネットを使ってみましょう。効率よくキメの細かい泡ができるのでおすすめです。

肌を傷つけないために、体を洗う時に使うタオルも天然素材を使用したやわらかいものが好ましいです。手を使って丁寧に洗うのが理想的だと言われていますが、背中などは洗いにくくなってしまうので、部位ごとに分けて使うとよいでしょう。

洗う際にゴシゴシと強くこすりすぎるのは、肌を傷つけてしまうのでNG。においがキツくなる原因にもなってしまうので、優しく洗うように心がけましょう。

入浴をシャワーだけで済ませている人は、湯船につかるようにしてみましょう。汗をかいて毛穴を開かせることで、老廃物を排出し、においのもととなる皮脂や体の汚れも洗いやすくなります。

加齢臭は、体内から排出された臭い成分が、皮膚や毛髪にこびりつくことで発生します。臭いの原因である皮脂の発生を抑えるためには、体内からの臭い対策は不可欠です。身体を清潔に保つことはもちろんですが、食生活の見直しやサプリメントを駆使して、身体の内側からの改善を目指していきましょう。